ひざサポートコラーゲンがどういった臨床試験をしているの

私達人間は年齢を重ねると体のあちらこちらが傷んできます。

不具合が生じてきます。

とりわけ顕著なのが膝関節の痛みです。

駅の階段を辛そうに上り下りをしている高齢者を見かけたことがありませんか?そんな膝の痛みを解消してくれるサプリメントがひざサポートコラーゲンです。

コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチンを含むひざサポートコラーゲンは臨床試験をしているサプリメントであるのが特徴です。

今回は【ひざサポートコラーゲンがどういった臨床試験をしているのか】についてお話します。

◎16週間の長きにわたる臨床試験。

対象となったのは男女29名。

膝関節の症状を持っている40歳から78歳までの人たちです。

プラセボ(ニセ薬)を用いて被験者がどちらのサプリを飲んでいるのかを分からないようにしています。

約半数の被験者15名(被験者食品群)にはコラーゲンペプチドを含んだ食品を摂取してもらいました。

残りの(プラセボ群)14名にはプラセボを摂取してもらったのです。

改善効果の評価は一般的な評価基準を採用しています。

自覚症状・他覚症状・痛みのスケールなどの評価です。

また、尿中や血液の軟骨代謝マーカーや炎症マーカーも測定しました。

これによって客観的に膝関節がどれだけ緩和したのか確認をしました。

被験者食品群とプラセボ群を比較したら8週間で段階で、被験者食品群の方が、プラセボ群よりも膝の曲げ伸ばしの運動のしやすさで改善傾向が見えました。