ひざサポートコラーゲンが届出をしている内容

膝は複数の関節が組み合わさっている部位です。

そんな仕組みになっているから複雑な動き方ができるのですが、それだと負担も大きいです。

※中高年に多い膝の病気⇒http://www.sankei.com/life/news/141021/lif1410210012-n3.html

関節が組み合わさっているだけではスムーズに動きません。

柔らかい骨である軟骨が膝の骨の先について、衝撃を緩和する役割が必要になります。

そんな成分の生成を助けてくれるのが機能性表示食品のコラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、コンドロイチンを主成分とするひざサポートコラーゲンです。

ひざサポートコラーゲンは消費者庁に届出をしている機能性表示食品です。

今回は【ひざサポートコラーゲンが届出をしている内容】について迫ります。

◎2004年から出荷されているひざサポートコラーゲン。

膝関節のトラブルで悩んでいる高齢者だけでなく若年層にも愛用されています。

安全性が高いサプリメントで他の薬と併用しても健康被害の報告はありません。

なによりも安全を感じられるのはGMPの認証を受けた工場で製造されていることです。

GMPとはGood Manufacturing Practiceの頭文字と取った略称です。

日本語では適正製造規範とされています。

製造工程管理基準のことで、原材料の受入から製造出荷までの全過程で製品が安全に製造されて一定のクオリティを維持されるようになっています。

◎ひざサポートコラーゲンは機能性表示食品に分類されています。

なぜならば特定保健用食品の保健用途に膝関節カテゴリーがないからです。

臨床試験を実施し十分なデータを得ています。

想定する主な対象者は「膝関節が気になる方」と明示しており、機能性関与成分は「コラーゲンペプチド」。

表示機能性は「膝関節の曲げ伸ばしを助ける」となっています。